坐骨神経痛とは

坐骨神経痛の原因と治療について

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは、腰部や仙骨から下肢に伸びる坐骨神経が炎症をきたし、激しい痛みの誘発・歩 行の制限・下肢の麻痺等を引き起こす症状です。

坐骨神経痛の原因

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎の間にある椎間板が狭小する事により、突出した髄核が 脊髄神経を圧迫する症状です。
腰椎椎間板(正常時)

脊椎すべり症

脊椎の段差により脊髄神経を圧迫する症状です。
脊椎すべり症

脊柱管狭窄症

加齢により、変形、狭小化した脊椎が神経を圧迫 する症状です。
脊柱管狭窄症

梨状筋症候群

仙骨から股関節にある梨状筋が炎症や過度の緊張により、下に走行し坐骨神経に影響を及ぼします。
坐骨神経と梨状筋

坐骨神経痛の原因(東洋医学的診断法)

東洋医学では、坐骨神経痛を痺証と呼びます。「痺」とはつまって通じないと言う意味です。 東洋医学では不通則痛という原則がありまして、血流の妨げ・気の妨げが痛みの原因とされています。 寒さや湿気、ストレス等も痺を起こす原因となります。

坐骨神経痛院長私見と坐骨神経痛当院の治療法

椎間板ヘルニアの坐骨神経痛の場合、椎間板からの髄核の脱出によるという西洋医学的な見方は患者さんに必要以上の恐れと、一生治らないかのような印象を与えがちなものです。

しかし実際には所見上ヘルニアが見られても坐骨神経痛が発症されていない方、ヘルニアが飛び出している方と逆側の足にしびれ等症状のある方など、実際の所見上とイコールでない場合もあります。

実際治療成功して炎症が緩和し、気(エネルギー)の流れが良くなると一回の治療でもかなりのレベルで坐骨神経痛が楽になることがあります。しかし、一回の治療でヘルニアの部分が消えてしまうということは物理的にありえないでしょう。

私は経験上東洋医学でいう「痺」の状態による悪化という要素がかなり大きいのではないかと気づきました。

患者さんにはまずヘルニアという腰の器質的変化を恐れないように伝えています(過剰な恐れは自己治癒力をさまたげます)。個人差はあっても「痺」つまり機能的な部分の改善をすれば症状は必ず好転していきます。

東洋医学でいう“気”(エネルギー)の流れを改善することが非常に重要なカギとなります。はり治療や手技療法により、骨格から筋肉、気(エネルギー)の部分まで改善に導きます。

 

 

坐骨神経痛主な治療作用


はりきゅう・整体

・痛みを取る。
・神経の炎症をおさえる。
・気の流れを良くする。
・筋肉のこりをとる。
・血流をよくする。

※はり治療は特に痛みをとる作用、神経の炎症を取る作用に優れています。